意外と知らない加齢臭の原因とは?

中年になると加齢臭がする原因

加齢とともに気になる悩みは増えていきますが、その悩みの一つに臭いという厄介なものがあります。

 

特に加齢臭と言われる臭いの悩みはつきものです。

 

また、加齢臭は男性だけではなく女性も気になることがあるでしょう。

 

 

そんな加齢臭はどのような原因で起こってしまうのでしょうか?

 

牛肉

 

加齢臭の原因となるのはノネナールという物質で、皮脂腺に含まれる脂肪酸のパルミトオレイン酸と過酸化物質が結びつくことによって発生する物質とされています。このノネナールが脂質を多量に含むものを食べることで増えてしまい、特に牛肉や卵、フライドポテトやベーコンなどはノネナールを増やす原因となってしまいます。

 

それに、ノネナールと結びつくことで加齢臭をきつくする過酸化物質ですが、その過酸化物質を増やすことに関わってくるのが活性酸素です。

 

活性酸素はストレスや運動不足、喫煙や栄養が偏った食生活などによって増えてしまい、加齢臭の原因になってしまうのです。

 

また、ノネナールは汗を分泌するアポクリン腺とエクリン腺から出る汗や皮脂と混ざりあい、これによって雑菌が繁殖し物質が出来上がります。

 

そして酸化することによって臭いが発生してしまいます。

 

 

加齢臭はどの部分が臭う?

 

加齢臭は体から発生する臭いですので、体の至るところから発生していますが、主に頭皮や耳の裏、脇や陰部などから強く発生します。

 

こうした部位から加齢臭が出やすいのは皮脂腺の中に含まれるパルミトオレイン酸が過酸化物質によって分解されてノネナールを発生させるからです。

 

皮脂腺がある部位には加齢臭が出やすいのですが、特に耳の裏と頭皮からは強烈な臭いの加齢臭を発生させてしまいます。

 

耳の裏は分泌された皮脂が溜まりやすい部位なので臭いが発生しやすい環境になっています。

 

頭皮は皮脂が分泌されやすいですし、汗もかいてしまう部位なので臭いが発生しやすいのですが、蒸れが原因で汗と皮脂が分泌されて毛穴に詰まってしまうことも加齢臭の原因となります。

 

また、脇には臭いを発生させやすいアポクリン腺がありますし、蒸れやすいので多くの人は脇の加齢臭で悩まされてしまいます。

 

陰部は下着で蒸れやすいですし、雑菌が繁殖しやすい部位なので強烈な臭いを発生させてしまうことがあります。

 

このような部位から発生する加齢臭は男女関係なく起きてしまうことですので、しっかり対策をとらなければいけません。

 

 

加齢臭対策

 

ボディーソープ

 

加齢臭は放っておいたら臭いが増すだけなので対策をとらなければいけません。

 

自分のためだけではなく周りの人たちのためにも、できるだけ努力して臭いを抑える必要があります。

 

では、どのような対策をとれば良いのでしょうか?

 

基本的なことですが、加齢臭が出ている部位をしっかり洗うことから始めましょう。

 

とは言っても、頭皮をゴシゴシと強く洗うのではなく優しくマッサージするように洗います。

 

これは皮脂を必要以上に取り除かないためです。

 

体は泡だけで優しくマッサージするように洗い、脇や陰部などの加齢臭を発生させやすい部位は念入りに洗うようにします。

 

この他には有酸素運動を行って酸化を防ぐことや酸化を抑えるビタミン類などを多く摂取すること、それに加齢臭対策となるボディソープやクリームを使用することです。

 

有酸素運動ジョギングやウォーキングなどを行えば良いですし、栄養は食事で摂取したりサプリメントで摂取するのも良いでしょう。

 

特に加齢臭対策になるのがクリアネオのボディソープやクリームです。

 

クリアネオは体の様々な部位の加齢臭に効果がありますし、無添加なので安心して使用することができます。

 

加齢臭対策を始める人で気になる人は使用してみてはいかがでしょうか。

 

加齢臭もワキガも完璧消臭!おすすめ消臭クリーム