日本と海外の制汗剤の違い

他国の制汗剤は日本のものとは違う?

制汗剤は汗や臭いを抑える効果がありますので、特に脇汗や脇臭などで困っている人が多く使用しています。

 

その制汗剤は日本で販売されているものと他国で販売されているものがあり、これらには違いがあるのです。

 

成分

 

他国の制汗剤と日本の制汗剤の違いは、他国の制汗剤のほうが制汗や消臭の効果が長く続くということです。

 

これは外国人にワキガ臭が強い人が多いことに深く関わっています。

 

外国人にはワキガの人が多くいますし臭いが強烈なため、それに合わせて制汗効果が高い塩化アルミニウムを多く含んでいます。

 

日本の制汗剤にも塩化アルミニウムが含まれているものはありますが、他国の制汗剤に比べて含まれる量が少ないのです。

 

また、日本の制汗剤には最近になって安全性の高いパラフェノールスルホン酸亜鉛を含ませているものが増えています。

 

こうした成分の違いの他に香りの強さも違います。

 

他国の制汗剤は強烈な臭いに対応するために香りも強くしています。

 

ですので、日本人が他国の制汗剤を使用すると強烈な香りを感じますし、塩化アルミニウムが多く含まれていますので肌トラブルを起こしやすくなるのです。

 

 

体臭がきつい人種と対策

 

体臭がきついと自分だけではなく周りにいる人も嫌な気分にさせてしまうので、自分の体臭を気にしてしまいます。

 

特に日本人は周りの人のことを気にするので対策をとる人が多くいます。

 

日本人は外国人に比べて体臭がきつくありません。

 

一方で外国人は体臭がきついですしワキガの人が多くいますが、ほとんどの人は対策をとっていません。

 

これは文化の違いとも言えるのですが、体臭がきつい人種は黒人が多いとされています。

 

人種別ワキガ人口の比率は、黒色人種約100%、白色人種約70%〜90%、黄色人種約10%〜15%となっており、アジア人はワキガになる人が少ないことが分かります。

 

黒人にワキガが多いのはアポクリン腺が多いことや体臭を気にせず生活しているのでワキガになりやすいとことです。

 

また、外国人はお風呂に入るという習慣がありませんので、体に付いた垢や臭いをしっかり落とせていないこともワキガが多い原因となります。

 

栄養バランスが偏った食べ物や刺激が強い香辛料などが多いことも体臭の原因になっていると言えます。

 

 

日本の制汗剤の特徴

 

脇の臭いなどの体臭で悩む日本人は多くいるのですが、そうした人の中には制汗剤を使用して汗や臭いを抑えているでしょう。

 

使用する制汗剤のほとんどは日本の制汗剤だと思われますが、他国の制汗剤とは違う特徴があります。

 

日本の制汗剤の特徴は殺菌作用や消臭作用を出す成分の量が少ないことです。

 

日本人は外国人に比べて体臭がきつくありません。

 

ですので、消臭作用があまり強くなくても良いのです。

 

それに、有効成分を多量に含んでいませんので、肌に優しいというのも特徴になります。

 

また、塩化アルミニウムなどの強力な有効成分を含んだ制汗剤は減ってきていますし、代わりに肌荒れを起こしにくい有効成分を含んだ制汗剤が多くなっています。

 

香りを控え目にしてあるのも特徴と言えます。

 

日本人は外国人に比べて体臭がきつくありませんし、香りが強すぎるのを嫌う人が多くいますので、そうしたことを考慮して香りを抑えた制汗剤が多く販売されています。

 

こうした特徴がある日本の制汗剤には、スティックタイプやスプレータイプ、ロールオンタイプや拭き取りシートタイプなどがあるのも特徴です。
このような制汗剤を使用するのも良いのですが、ボディソープやクリームでケアするのも良いでしょう。

 

そのケアでおすすめできるのがクリアネオです。

 

クリアネオを使用すればワキガ臭などの体臭を簡単にケアできますので試してみてはいかがでしょうか。

 

加齢臭もワキガも完璧消臭!おすすめ消臭クリーム