夏は加齢臭がひどくなる!

夏の加齢臭は最悪!周りの人に配慮が必要

加齢臭といえば普段から気をつけなければならないものです。

 

うっかりすると臭いがきつくなっている場合もあるので注意が必要です。

 

水分

 

夏にかく汗は水分の摂取量も増えるため、サラサラとした汗が出ることが多くなります。

 

通常であればさらっとした汗には余計なものもほとんど含まれておらず、水分だけが体温調節のために外に出されれます。

 

ですがそれでも放置してしまうことが原因でひどい臭いへと変化してしまう場合もあるのです。

 

余分なものがどんどん汗によって流されるため臭いが本当は減るのですが、雑菌が繁殖しやすい時期が夏なので加齢臭がきつくなってしまう原因となってしまいます。

 

放置してしまうと汗からどんどん雑菌が繁殖されます。

 

加齢臭の原因と混じり合い、臭いもさらにきつくなるでしょう。

 

できれば周りの方への配慮を考えて、朝晩の入浴も考慮した方が良いでしょう。

 

また夏場は特に皮脂も分泌されやすい季節となり、この皮脂が加齢臭の原因になるためこれもこまめに洗い流さなくてはなりません。

 

洗い流せない場合は、できるだけ汗拭きシートなどを利用しましょう。

 

加齢臭は自分だけの臭いではないので、周りへの配慮も含め必ずこまめにお手入れをしましょう。

 

 

 

 

汗と加齢臭の関係

 

汗の量が多いと加齢臭がきつくなると考えられていますが、それは場合によるものです。

 

基本的に汗腺ではなく皮脂腺から出るノネナールという物質が分泌されることで加齢臭の臭いが発生するのです。

 

このノネナールが活発に分泌された時には加齢臭の臭いはきつくなりますが、汗の量が多いからといって加齢臭がきつくなってしまうということはない場合もあるのです。

 

ただ汗が出た時にそのまま放置した場合、汗が雑菌を繁殖させ体臭へと変化していきます。
この汗臭さと加齢臭が入り混じることで、さらにとんでもない臭いへと変化してしまうのです。

 

基本的にさらっとした汗であれば余分なものが含まれていないため、臭いが出るということも少ないでしょう。

 

ですがそれでもそのまま放置することで、特に夏場は雑菌が繁殖しやすい苦なっているので臭いが出るようになってしまうのです。

 

汗と加齢臭の関係として臭いがきつくなってしまう原因は、相乗効果となってしまうことにあるのでしょう。

 

特に運動不足で普段から汗をかかない方は汗の臭いが比較的キツイ傾向にあります。

 

汗を流した後も皮脂が多く分泌されていると感じた時もできるだけふき取ったりするように心がけることで、臭いの相乗効果も抑えることができます。

 

夏場は特に迷惑になるので、お手入れを忘れないようにしましょう。

 

 

 

汗をかいても加齢臭を抑える方法

 

汗と加齢臭は汗腺と皮脂腺がそれぞれ関係しているため全くの別物であります。

 

ですが汗をかくことにより臭いの相乗効果となってしまう場合があります。

 

相乗効果を抑えるためには汗ではなく、まず加齢臭の対策から行うと良いでしょう。

 

加齢臭は皮脂腺から出るノネナールという物質が原因となっています。

 

このノネナールが参加することで臭いが発生するのですが、酸化を抑えることで臭いも抑えられるのです。

 

まず酸化を抑えるためにも皮脂腺内の不純物を取り除くようにしましょう。

 

皮脂が詰まることでも臭いがきつくなる可能性があります。

 

また汗をかくことで皮脂腺内の不純物が流れです場合があります。

 

普段汗をかかない方も、汗をかくようにして皮脂腺を綺麗にするようにすれば、今後汗をかいても加齢臭との相乗効果も抑えることができるでしょう。

 

汗をかいても加齢臭を抑えるには、皮脂腺を綺麗にしておくことと、汗により皮脂腺の不純物を流してしまうことです。

 

余計に臭いが酷くなるかもしれないと思われますが、まず皮脂腺を綺麗にすることから意識すれば大丈夫でしょう。

 

普段から汗をよくかき、肌の新陳代謝も高めるとさらに臭いも抑えることができます。

 

普段からまずは清潔にすることを心がけて、綺麗な汗を流すようにしましょう。

 

 

加齢臭もワキガも完璧消臭!おすすめ消臭クリーム