気になるサラリーマンの加齢臭

スーツ着用時の加齢臭対策

サラリーマンといえばスーツの着用が多いですし、毎日同じスーツを着る場合もあるでしょう。

 

スーツ

 

忙しいからこそ仕方がないのですが、気をつけなければ加齢臭に気をつけなければなりません。

 

加齢臭は耳の後ろや首の後ろからも発生します。
そのため襟足などに臭いがついてしまいます。

 

加齢臭の対策としては根本から加齢臭対策をとることも重要です。

 

皮脂腺を綺麗にするため、入浴などにより不純物や老廃物を除去しましょう。

 

また他には臭いが蓄積されないようにこまめにスーツをクリーニングに出しましょう。

 

臭いが蓄積されることでさらに臭いがきつくなる場合もあります。

 

クリーニングが難しい場合は殺菌力のある消臭スプレーなどで対策をとると良いでしょう

 

スーツ自体の臭いも消えるので、いつも爽やかに過ごすことができます。

 

ですがスーツはクリーニングに出すことも重要です。

 

殺菌消臭スプレーだけでは消しきれない臭いが残っているので、さっぱりリセットさせることも大切です。

 

蓄積されることが臭いのきつさの原因になります。

 

面倒かもしれませんが、加齢臭で恥ずかしい思いもしたくはないでしょう。

 

スーツの臭い対策と一緒に根本的な加齢臭の対策も一緒に行うようにして、加齢臭のないスーツにしていきましょう。

 

 

 

夏でもさわやかにスーツを着る工夫

 

夏場のスーツといえば汗をかいてしまうため、少しクッタリしてしまったり爽やかな匂いからは程遠い臭いが漂うことがあります。

 

これでは印象もあまり良くはありません。

 

汗の匂いや見た目に関しても厳しい社会なので、しっかり夏でも爽やかにスーツを着こなせるようにしましょう。

 

ますスーツを爽やかに着るためには汗の臭いから解放させなくてはなりません。

 

汗をかいたらその日は殺菌消臭スプレーで対策を取りましょう。

 

また夏だからこそ、きちんと定期的にクリーニングに出すようにしましょう。

 

クリーニングでリセットされることによって臭いも蓄積されません。

 

そして夏用のスーツでも、速乾性や通気性のあるものを選びましょう。

 

汗や加齢臭は湿気がこもってしまうことにより、一層臭いがきつくなってしまう場合があります。
これでは爽やかに着ることができなくなってしまうので、夏用のスーツを着用するようにしましょう。
クールビズができない場合もあるため、スーツ選びも爽やかに着こなす工夫となってきます。

 

夏用のスーツに殺菌消臭スプレー、そして定期的なクリーニングで常に爽やかなスーツを楽しみましょう。

 

着ている自分でも臭いが爽やかだと仕事もはかどるかもしれませんね。

 

 

 

ワイシャツの汗染み対策

 

素敵なワイシャツも着ているうちに徐々に襟元や袖口が汗染みで黄色くなってしまいます。

 

汗染みは仕方がないのですがきちんと処理をすればまた綺麗なワイシャツになるので、しっかり対策しましょう。

 

汗染みは皮脂と混じり合った汗によりできてしまうので、漂白剤などを使用すれば落とすことができます。

 

落ちにくい場合には、塩素系の強めの漂白剤などを使用すると良いでしょう。

 

お湯などを使うとさらに落としやすくなります。

 

ただ洗うまでに時間が経過しすぎてしまうと落ちにくくなるので注意しましょう。

 

また汗染みを防ぐ方法としては、ワイシャツにちょっとした工夫をすると防ぐことができます。

 

まずワイシャツに糊をつけましょう。

 

糊付けが嫌いな方も襟部分だけにでもつけるようにすれば、糊によってコーティングされるため皮脂や汗が染み込みにくくなります。

 

また汗染み対策用のガードテープなどもあります。

 

テープを貼るだけなのでとても簡単です。

 

これで皮脂や汗の付着も防ぐことができます。

 

最初は襟元や袖口に違和感があるかもしれませんが、汗染みがついて落ちなくなってしまうよりも良いので実践しましょう。

 

汗をこまめに拭き取ることもワイシャツ汚れを防ぐためには重要です。

 

合わせて行うようにして、ワイシャツを綺麗に使うようにしましょう。

 

 

 

加齢臭もワキガも完璧消臭!おすすめ消臭クリーム