環境の変化が大きい春の加齢臭

春は加齢臭が強くなる?その原因と対策

春になると体臭がきつくなると言われていますが、その原因とはどのようなことなのでしょうか。

 

春

 

春は新生活が始まるためストレスも多くなります。

 

そのためホルモンのバランスも崩れやすくなるため、皮脂腺から分泌される皮脂も量も多くなる場合があるのです。

 

加齢臭はこの皮脂腺の活発な分泌によりきつくなってしまうことが原因と考えられています。

 

また加齢臭とは別物ですが汗腺の働きも鈍いため、老廃物が混じった汗をかき相乗効果としてより一層臭いがきつくなってしまうのでしょう。

 

このままではせっかくの春も加齢臭によって臭いまま過ごさなくてはなりません。

 

気にしすぎてしまう前にしっかり対策をしていきましょう。

 

まずは加齢臭を抑えるために、ホルモンのバランスを整えることが大切です。

 

ストレスを多く抱えているのであれば、発散できるようにし睡眠や食事もバランスよく整えましょう。

 

そして肌を綺麗にすることも大切です。

 

半身浴などで皮脂腺を綺麗にしておくことで、酸化も抑えることができます。

 

今までお風呂も簡単に済ませていた方も、丁寧に洗い流すようにしましょう。

 

また枕や寝間着などの首回りが直接肌に触れるものも常に清潔なものを使用しましょう。

 

使い回す方も多いですが、臭いの原因となります。

 

少しの対策で劇的に変わることができるので、きっちり臭い対策していきましょう。

 

 

 

 

加齢臭が一番強くなる季節

 

加齢臭が強くなる季節といえば春と秋です。

 

この季節は汗腺の働きも鈍くなりますし、ホルモンバランスも崩れやすくなる季節なのです。

 

春は特にストレスも多くなる季節です。

 

皮脂の分泌量も多くなってしまうため、夏以上に臭いがきつくなる可能性があります。

 

また汗腺の働きも鈍っているため、不純物が多い水分が少なめの汗が出ます。

 

加齢臭とは関係がありませんが、合わさるととてつもない臭いへと変化するので注意が必要です。

 

そして秋も加齢臭がきつくなります。

 

こちらはストレスとは関係がありませんが、季節の変わり目によりホルモンバランスが大きく崩れてしまいます。

 

気がついてはいないかもしれませんが、体には気温差などにより大きな負担がかかっているのです。

 

また徐々に汗腺の働きも弱まるため、春と同じような状態にもなりかねません。

 

気温差による体のストレスで活性酸素なども発生しやすくなり、より加齢臭が進む場合があります。

 

夏以上に気をつけなければならないため、この二つの季節は特に要注意となります。

 

汗が減ることで安心してしまいがちになりますが、春と秋の汗もかなり臭いがきつくなる傾向にあります。

 

相乗効果となってしまわないようにするためにも、春も秋も過ごしやすいからといってお手入れは怠らないようにしましょう。

 

 

 

加齢臭で職場の評価が下がる

 

大衆に関して日本では特に厳しい評価が下される場合があります。

 

体臭があることで自己管理ができていないとまで評価される場合などもあるため、加齢臭もしっかり対策をしなくてはなりません。

 

特に加齢臭は30代以上の方に多いため、出世に響いてしまうこともあります。

 

加齢臭のせいで職場からの評価が下がり出世の道から外されたという方も実際にはいらっしゃいます。

 

職場の評価がさがらないようにするためにも、自分では気がつかないからといって放置していてはいけません。

 

気になった時が対策を始めるタイミングなのです。

 

身近な人に、聞ける相手に、確認するようにしておきましょう。

 

加齢臭はワキガとは違う臭いですが、やはり不快感は大きなものとなって影響します。

 

取引先でも嫌がられる場合があるので、注意しましょう。

 

また加齢臭は事故管理によって対策をとることができる臭いの一つでもあります。

 

しっかり対策していれば、ひどい臭いとはならないので職場からの評価が下がる前に実践していきましょう。

 

特に加齢臭には男女関係ありません。

 

30歳を越えれば可能性も出てくるのです。

 

常に清潔にすることが重要となるので、皮脂が多いと感じる方や枕のカバーの交換を怠っている方はすぐにでも洗い方を見直してカバーも交換しましょう。

 

職場の評価を下げる前に必ず対策を始めるようにしましょう。

 

 

加齢臭もワキガも完璧消臭!おすすめ消臭クリーム