制汗剤の危険性

制汗剤に発がん性があるのは本当?

病気

 

脇などに汗をよくかく人は臭いが気になってしまいますので何らかの対策をとることがあります。

 

そうすることで、ある程度は汗を抑えることができて臭いを抑えることも可能になります。

 

その臭い対策で制汗剤を使用することがよくあります。

 

確かに制汗剤は汗を抑える効果がありますので、臭い対策に使用することができますが、実は制汗剤には危険性があるとされています。

 

制汗剤の危険性とは発がん性があるということです。

 

では、制汗剤に本当に発がん性があるのでしょうか?

 

市販されている制汗剤の中にはアレルギー体質や発がん性のある成分が含まれているものもあり、その成分とは酸化アルミニウムです。

 

この成分が含まれていると乳がんなどの病気を発症する可能性があると言われています。

 

制汗剤を使用してすぐにガンを発症するわけではありませんが、皮膚に傷や炎症などがあるとその部位から成分が吸収されて発症しやすくなることもあります。

 

特に脇のムダ毛を処理して傷や炎症などを起こし、そこに制汗剤を使用すると悪影響を及ぼす可能性が高まりますので注意が必要です。

 

 

注意すべき成分

 

制汗剤を使用するときに注意すべき成分はアルミニウム系の合成成分です。

 

アルミニウム系の成分は汗や臭いを体外の漏れないようにする働きがあり、そのために毛穴を塞いでしまいます。

 

体外に排出されるはずの毒素も体内に閉じこめてしまうので悪影響を及ぼす可能性が高まります。

 

このアルミニウム系の成分には、アルミニウム・ジルコニウム、アルミニウム・クロルヒドロキシなどがあり、乳がんの発症リスクを高めることがありますし、アルツハイマー病のリスクを増加させることもあります。

 

この他の注意すべき成分は、パラベン、プロピレン・グリコース、トリクロサン、トリエタノールアミン&ジエタノールアミンなどです。

 

パラベンはよく耳にする成分ですが、人体の組織に蓄積されて内分泌系を分裂させてしまい、乳がんの危険性を高めてしまうことがある成分です。

 

プロピレングリコースは発がん性の危険だけではなく、肺への刺激やアレルギー、炎症などを引き起こす可能性がありますし、研究結果ではガンとの関連性もあるとしています。

 

トリクロサンは抗菌剤の成分ですが、発がん物質の可能性があると分類されていますし、塩素を含む水と接触すると毒性の強い化学成分になってしまいます。

 

トリエタノールアミン&ジエタノールアミンは発がん物質と知られるホルモンかく乱物質の一つです。

 

このような成分は注意すべき成分ですので覚えておきましょう。

 

 

安全な脇の臭いケアとは?

 

さわやか

 

安全に脇の臭いをケアするには、ケアアイテムに含まれている成分に気を付けてアイテムを選び、続けて使用していくことです。

 

そのアイテム選びに困ってしまうことがありますが、そうした時はクリアネオというケア用品を使用すると良いでしょう。

 

クリアネオは殺菌成分と制汗成分を配合していますが、危険な成分は使用されていませんので安全に脇のケアを行うことができます。

 

また、殺菌成分と制汗成分の働きによって臭いの元にアプローチして嫌な臭いをケアしてくれます。

 

無添加ですので誰でも安心して使用することができます。

 

このクリアネオにはボディソープとクリームがありますので効果的な脇の臭いケアができるでしょう。

 

こうしたケアアイテムを使用しながら、バランスの良い食事に気を付けたりストレスを溜めないようにすることで、より効果的な脇の臭いケアができますし、乳がんなどの病気のリスクを高めることなく気軽にケアすることもできます。

 

それに、男性でも女性でも安全なケアが行えますので、脇の臭いで悩んでいる人は試してみてください。

 

加齢臭もワキガも完璧消臭!おすすめ消臭クリーム