前へ
次へ

賃貸管理会社を的確に選ぶ

賃貸管理会社にはさまざまな形態があり、親会社があるところや独立系などがあります。親会社があるところは

more

賃貸管理に関して前向きに検討する場合は

基本的にいろいろなやり方で資産管理ができる時代となってきましたが、真面目にアパートやマンションなどの

more

自分で賃貸管理状況を把握したい人のために

自己の持つ不動産を賃貸利用して収入を得ようとする際に欠かせないのが、賃貸管理になります。今は代理で管

more

賃貸管理は専門家に任すこと

高齢化社会になり老後の生活に不安を覚える人が多くなりました。年金だけでは豊かな生活は出来ないことから、多くの預金が必要になってしまうからです。そんな中、老後の暮らしを少しでも安定させようと、退職金などを利用してアパート経営を始める人も少なくありません。アパートを建て、入居者から毎月家賃をもらうことで、安定した収入があると考えてしまい、安易にアパート経営を始めてしまうことが多く見られます。しかしこのアパート経営はそんな手軽に出来るものではなく、大きなリスクを抱える経営もあることを知らないで行ってしまうことが問題です。ただ立地が良く外見の良いアパートを建てるだけでは必ずしも、常に空き室がない状態とは限らないと言うことを知る必要があります。アパート経営は賃貸管理と言うことになり賃貸収入が全てであり、収入が安定しないと経営が成り立ちません。そのためにはアパートを建てる前に、周辺の空き室がどれくらいなものか、また家賃の相場はどれくらいになっているのかと言う下調べをしっかり行うことが必要です。

素人経営では、これら調査を満足に出来ない上に、入居者募集においても戦略をもっていません。更には入居者とのトラブルや部屋の修復など、常に気を抜く日がなくなってしまう恐れも出て来ます。老後の安定した暮らしを望むために建てたアパートも、その目的を果たさなくなってしまう可能性も考えられます。そんな不安な賃貸管理をすることを避け、安心出来る暮らしを望む人に最適な方法として、アパートの一括借り上げ方式があります。不動産会社などと契約することで、入居者の募集から賃貸契約、家賃の回収、メンテナンスなど、運営に関する全てを任す方法です。万が一のトラブルがあった時も、契約会社が全て行ってくれることで問題解決が出来ることになり、面倒なことに巻き込まれる心配もありません。この一括借り上げ方式で起こるデメリットは、委託手数料が発生することで、家賃収入が100%にならず、90%ほどになってしまうことです。そのため銀行への返済がある場合には、月々の収入額を前もって把握しておくことが、大事なことになります。

Page Top