ワキガの汗染みと黄ばみ

ワキガの人は白い衣類に注意!

ワキガの臭いは自分で気づきにくいとされていますので、誰かに指摘されてからしか気づかない場合もあります。

 

しかし、臭いで気づかなくても着ている衣類を見れば気づくこともあります。

 

シャツ

 

なぜかというと、着ている衣類に黄ばみがついてしまうからです。

 

脇の部分に黄ばみがついてしまうので、服を脱いだ時に気づくこともあれば、脇汗のようなシミがつくので着ているときでも気づくことがあります。

 

この脇の黄ばみはワキガになっているので仕方ありませんが、目立たなくする方法があります。

 

その方法とは白い衣類を着ないことです。

 

白い衣類だと黄ばみがすごく目立ってしまいますので、ワキガの人は白い衣類に注意が必要です。

 

また、白い衣類についた黄ばみは普通の洗濯では落ちないことがありますので気を付けておきましょう。

 

 

黄色くなる原因

 

衣類にシミがつくと男性でも女性でも嫌な気分になってしまいます。

 

見えないところならまだ良いのですが、見えるところにシミがつくと人に見られて恥ずかしい思いをします。

 

また、脇にシミがつくことがありますが、これも男女関係なくあることです。

 

特にワキガの人は脇に黄色いシミが付いてしまうので厄介です。

 

このワキガの黄色くなる原因はなんでしょうか?

 

それは、主な原因として脇のアポクリン腺からの分泌物が挙げられます。

 

アポクリン腺には脂肪酸やタンパク質、糖質やステロイドなどの様々な成分が含まれています。

 

その成分がワキガ臭の元となりますが、その中に「リポフスチン」という色素も含まれています。

 

この色素はワキガの程度が強くなればなるほど分泌量が増えて黄色くなり、着ている衣類にシミとなってしまうのです。

 

また、色素だけではなく分泌物の中に含まれる鉄も原因になります。

 

鉄は濃い色をつけてしまうので濃い黄ばみの原因になってしまいます。

 

この他にはデオドラント剤が原因になるともされています。

 

人によって黄色くなることもあれば全く関係ないこともありますが、皮膚の状態や細菌の種類などによってデオドラント剤との反応で黄色くなることも考えられます。

 

これは、デオドラント剤の使用を止めれば分かることなので、ワキガにデオドラント剤を使用している人は一時的にでも良いので止めると良いでしょう。

 

このような原因によって脇に黄ばみがついてしまいますが、この黄ばみと汗じみは全くの別物となります。

 

ただの脇汗のシミはエクリン腺から分泌されますので黄色くなることはありません。

 

だから、ワキガの人はシミだけで区別することができます。

 

 

洗濯では落ちない脇の黄ばみの落とし方

 

洗濯

 

ワキガによる脇の黄ばみはなかなか落ちないので大変です。

 

普通の洗濯でも落ちない黄ばみはどのように落とせば良いのでしょうか?

 

それは、洗濯する前につけ置きしておくことです。

 

つけ置きはバケツに約40度のお湯と酸素系漂白剤を入れてかき混ぜ、そこに黄ばみがついた衣類を一晩つけ置きしておくだけです。

 

つけ置きした衣類はいつも通りの洗濯で綺麗に落とすことができます。

 

このつけ置きでも落ちない場合は熱湯につけ置きしてみます。

 

熱湯だと食器などのように油汚れを浮かすことができますので、脇の皮脂汚れも浮かせて取り除くことが可能です。

 

この他には重曹やメイク落としのクレンジング、洗顔フォームなどを黄ばみに塗り込み、その部分を古くなった歯ブラシで優しく洗うのも良いです。
これでも落ちないときは、重曹と漂白剤のダブル使用で洗濯するか、クリーニングに出すしかありません。

 

こうした方法を試して脇の黄ばみを落としてほしいのですが、ワキガを改善すれば脇の黄ばみはつかなくなりますので、まずはワキガを改善してみてはいかがでしょうか。

 

加齢臭もワキガも完璧消臭!おすすめ消臭クリーム