加齢臭の原因!嫌な煙草の臭いを消す方法

職場に喫煙者が!髪についた煙草の臭いを消す方法

煙草

 

職場で煙草を吸う人がいると、吸わない人は臭いが付いてしまいまうので嫌でしょう。

 

最近では受動喫煙が問題になっていますので分煙化している職場が多いのですが、それでも煙草の臭いは気になってしまうでしょう。

 

特に髪についた煙草の臭いは不快になってしまいます。

 

その髪についた煙草の臭いを簡単に消す方法は、ウェットティッシュやドライヤーを使用する方法があります。

 

ウェットティッシュは髪についた臭い物質を取り除くことができ、軽くタッピングするような感じで行うだけです。

 

ウェットティッシュを使用した後は乾いたティシュで水分をとるようにしましょう。

 

濡れたままだと臭いがつきやすくなるからです。

 

ドライヤーは髪の毛を乾かすときのようにするだけで良く、風と熱で頑固な髪の臭いを消すことができます。

 

また、臭いがついてから消すのも良いのですが、煙草の臭いがつきにくくする事前予防も大切です。

 

その予防として良いものがクリアネオです。

 

クリアネオは煙草の臭いを消すことができますし、髪に付着しにくくすることもできます。

 

それに、体や頭皮の臭いも消すことができますので、頭のてっぺんから足先までの臭い対策ができます。

 

臭いで悩んでいる人や対策をとりたい人は試してみると良いでしょう。

 

 

煙草やお酒が体臭の原因

 

煙草やお酒は依存性が高いので、なかなかやめることができません。

 

長く続けると病気の原因になってしまうこともありますが、体臭の原因になってしまうこともあります。

 

この煙草やお酒が体臭の原因になってしまうのは血管を拡張させてしまうことが大きな要因となります。

 

血管が拡張されると血流が良くなりますが、それによって汗腺活動を活発にさせてしまい、臭い成分を多く含む汗をかきやすい状態を作り出してしまいます。

 

また、お酒に含まれるアルコールが代謝されることによって臭いのもととなるアセトアルデヒドや酢酸という物質が分泌され、その物質が血液と共に全身を巡って汗や呼気から強烈な臭いとなって放出されるのです。

 

それに、アルコールを代謝させるときに酵素が使われますが、酵素を使い続けると体内で発生する臭い成分を処理できなくなって体臭となるのです。

 

煙草はそれ自体に悪臭成分が含まれていますし、活性酸素を増やしてアセトアルデヒドの生成を促す働きを強くさせてしまいます。

 

また、煙草に含まれているニコチンにはエクリン腺の発汗作用を促す作用がありますので、汗をかいて体臭の原因を作ってしまいます。

 

それと、タールには刺激臭で知られるアンモニアや酢酸などを作り出す物質が含まれていますので結果的に体臭の原因となります。

 

このような体臭の原因がある煙草やお酒はできるだけ控えるようにするのが望ましいと言えるでしょう。

 

 

脇の臭いを軽減させる食べ物

 

豆

 

脇の臭いを軽減させるには食べ物に気を付けることも重要となります。

 

特に臭いを軽減させるのが緑黄色野菜や炭水化物、大豆製品や海藻類などです。

 

緑黄色野菜には抗酸化作用が働くベータカロチンが多く含まれており、その抗酸化作用によって体の酸化を防いで臭いを抑えることができます。

 

炭水化物には汗を分泌しにくい成分が含まれていますので、臭いの元となる汗を抑えて臭いも軽減させることができます。

 

大豆製品や海藻類にも汗を抑える作用がありますし、ホルモンバランスを整えてくれる作用もありますので臭い対策に効果的と言えます。

 

他にはポリフェノールを含む食べ物やビタミン類を多く含む食べ物が体臭予防になりますので、野菜を中心としたヘルシーな和食メニューを積極的に食べるようにすると良いでしょう。

 

また、長く続けることによってより効果的になりますので毎日続けるようにしましょう。

 

加齢臭もワキガも完璧消臭!おすすめ消臭クリーム