市販の制汗剤の本当の効果

市販の制汗剤は本当に効果がある?

ドラッグストア

 

夏になると気温が上がって暑くなりますので汗をかきやすくなりますし、汗かきの人は大量に汗をかいてしまいます。

 

ただでさえ厄介な汗ですが、特に女性は脇に汗をかいてしまうと恥ずかしいので嫌になりますし、臭いが気になって勉強や仕事などに集中しにくくなってしまうことがあります。

 

そんな良いことが何一つない脇の汗を抑えるのに市販の制汗剤を使用することがありますが、では市販の制汗剤は本当に効果があるのでしょうか?

 

それは、汗の種類や制汗の目的によって制汗剤を使い分けることで効果があると言えます。

 

汗を抑えたいのに制汗剤ではなく臭いを抑えるデオドラント剤を使用しても効果が得られません。

 

制汗剤というものは、そもそも汗の量を減らす目的で作られていますので、臭いを抑える成分が含まれたデオドラント剤では効果が得られないのです。

 

また、汗の種類や制汗剤のタイプによって使い分けると市販の制汗剤でも効果を得やすくなります。

 

市販の制汗剤にはスプレータイプ、シートタイプ、ウォータータイプ、クリームタイプがあります。

 

スプレータイプは制汗剤の中でも最もポピュラーなタイプとなっており、大量の汗を抑えるのは難しいのですが少量の汗なら抑えることが可能ですし色々な香りがあって清涼感を感じることができます。

 

だから、汗の量が少なくて臭いが気になる人に良いタイプだと言えます。

 

シートタイプは梅雨時期のような湿度が高い時期にかくベタベタした汗に効果があり、汗を拭きとることと同時に皮脂や汚れも取り除くことができますが、どちらかと言えば汗を抑えるというよりも拭き取る要素が強いので制汗剤としての効果はあまり感じにくいでしょう。

 

ウォータータイプは肌表面に水分を与えて乾燥を防ぎながら汗を抑えることができますし気軽に全身に使用できますが、制汗効果よりもデオドラント効果の方が強いと言えます。

 

クリームタイプは市販の制汗剤の中では最も効果あると言え、汗を抑えるのと同時に臭いもしっかり抑えることができますので使用している人は多くいます。

 

このようなことからも分かるように、市販の制汗剤はタイプや種類などによって効果が違ってきますので、自分に合ったものを選ぶことが重要となります。

 

ドラッグストアには脇の黒ずみに効果的な商品もあります!詳しくは、こちらをご覧ください→ドラッグストアで買える脇の黒ずみに効果的な商品

 

安い物は注意が必要

 

ドラッグストアやコンビニでは市販の制汗剤が販売されていますので、汗や脇の臭いなどが気になる人は気軽に購入して使用しています。

 

こうした市販の制汗剤には安い物も販売されており、気軽に試すことができますし経済的にも優しいので購入する人が多くいるのですが、しかし安い物には注意が必要です。

 

安い物の中には刺激が強すぎて肌荒れを起こすことがありますし、逆に臭いを強くさせてしまうことがあるからです。

 

また、安い物は使い過ぎると刺激によって色素沈着を起こし、黒ずみになってしまうことがありますし、跡が残ってしまい恥ずかしい思いをすることもあります。

 

それと、安い物には殺菌作用が強すぎるものもあり、それを脇に使用すると表皮ブドウ球菌が減って他の強い菌が繁殖し、脇の臭いが強くなってしまうことがあります。

 

こうしたことからも分かるように、安いからといって購入して使用するのは良いとは言えませんので気を付けておきましょう。

 

 

ワキガには専用のクリームしか効果がない

 

脇の汗や臭いで悩んでいる人の中にはワキガの人もいるかもしれません。

 

ワキガは自分で気づきにくいので既にワキガになっている可能性は誰にでもあります。

 

また、ワキガだつ気付いていなくて市販の制汗剤を使用している人の中には、効果が得られないという人もいるでしょう。

 

ワキガには専用のクリームしか効果がありませんので、市販の制汗剤を使用しても臭いがおさまらないのです。

 

ですので、今現在市販の制汗剤を使用している人で効果が得られていない人はワキガかもしれません。

 

もしワキガでしたらワキガ専用のクリームがありますので、それを1度試してみると良いでしょう。

 

 

市販の制汗剤は成分に注意!

 

市販の制汗剤には汗を抑える成分と雑菌を抑える成分が含まれています。

 

この成分が含まていることによって制汗効果や殺菌効果などが得られるのですが、注意しなければいけないことがあります。

 

それは、成分による刺激が強すぎて黒ずんでしまうことや汗腺にフタをして汚れや皮脂なども閉じ込めてしまい色素沈着を起こしてしまうことです。

 

特に注意が必要な成分は収れん作用があるクロルヒドロキシルアルミニウムやパラフェノールスルホン酸亜鉛などの汗腺の出口を塞ぐような成分と、パラベンや塩化ペンザルコニウムなどの殺菌作用や抗菌作用がある成分です。

 

こうした成分は人によって問題なく使用することができますが、敏感肌やアレルギー体質の人H刺激が強すぎて肌荒れを起こすことがあります。

 

また、使用する回数が増えると誰でも肌荒れを起こすことがありますし、色素沈着を起こして黒ずんでしまう可能性がありますので注意が必要です。

 

加齢臭もワキガも完璧消臭!おすすめ消臭クリーム